通夜のマナー

弔問のマナー
訃報の知らせがありましたら、親しい人ほど早く駆けつけるのがマナー。

このときの服装は、地味めの平服ならばマナー違反になりません。

女性の方は、派手な化粧は避け、アクセサリーなども華やかなものははずすのがマナーです。

わざわざ喪服に着替えて行くのは、まるで待っていたかのように感じられるので気を付けましょう。

喪家は故人の方が亡くなられ、葬儀の手配などで取り込んでいます。

弔問に伺っても長居はせず、早めに辞去するのがマナー。

葬儀を執り行うのには人手が必要です。近親者であれば、手伝いを申し出ましょう。

受付や台所の手伝い、弔問客の接待など雑用が多くあります。

出来る範囲の手伝いで、遺族の方をいたわりましょう。

故人とあまり親しくない場合、職場などの関係者は、死去直後の取り込み中は避け、通夜や葬儀のときに弔問するようにします。

仕事や都合で弔問できないときは、代理の人に弔問してもらうか弔電を打ち、後日弔問に伺います。

故人との対面は、遺族の方に勧められてから、「それではお別れさせて頂きます。」などといって対面します。

自分から対面を申し出るのは、マナー違反です。

故人の亡くなられた原因や病気の様子など、遺族の方に尋ねるのはタブーです。

お悔やみの言葉は控えめに、長々と言わず月並みなお悔やみにします。


家族葬

最近、家族葬を行う方が増えています。

核家族化の影響で、都市部では親類縁者との付き合いが減り、葬儀の参列者が減少しているためでしょうか。

家族葬と従来の一般葬はどこが違うのでしょうか。

 家族葬の良いところ
家族・親族・親しい知人・友人だけで行うにで、義理で参列する弔問客の応対をしなくて良い。

その為、ゆっくりと故人とお別れができる。

香典の管理や、香典返しの煩雑さに悩まなくてすむ。

少人数で行う葬儀ですからその分費用が抑えられる。

形式にとらわれずに、故人の遺志を尊重した葬儀が行える。

 家族葬の問題点
訃報の通知をどこまで知らせるか、家族葬で行うことを周囲の人に理解してもらう必要があります。

ご近所の方には、家族葬で行うことお知らせして、会葬や香典をお断りします。

参列をお断りした方との人間関係が、悪くならないようにしなければなりません。

訃報を伝えなかった親族、知人、会社関係者に葬儀終了後、お知らせし理解して頂くこと。

後日、自宅に焼香に訪れる方への応対。

一般の葬儀は香典が大きな収入となりますが、その収入が無くなること。 
仏式の葬儀の場合、お寺さんへのお布施は葬儀の規模に関わらず必要になる。

葬儀の規模に関係なく掛かる費用があるので、割高に感じる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。