服装のマナー エチケットカテゴリの記事一覧

女性のマナー・アドバイス

通夜や弔問に喪服を着用する必要はありませんが、あまり派手な服装やジーンズは控えましょう。

アクセサリーは、はずしたほうが無難です。特に光物は付けないようにしましょう。

ヘヤースタイルはすぐに変えることは難しいでしょうが、ロングへヤーでしたら後ろでまとめた方がよいでしょう。髪飾りにも気をつけましょう。

告別式
社会人になったら、喪服は用意しておくことが必要だと思いす。
若い人ならば黒でなくても、紺などの地味な色目のスーツでも通用します。
肌をなるべく見せないのが基本ですから、襟元が大きく開いていない物、スカートは膝が見えないように長めがよいでしょう。

お化粧は控えめに、でもノーメイクでは失礼になります。
口紅も真っ赤なものは避けて自然色に近いピンクが良いでしょう。
最近は派手なマニキュアをしている人が多いのですが、葬式では以外に指先が目立ちます。
派手なものは落として、自然な色に近いものに変えましょう。

夏などの暑いときには、汗の匂いが気になると思います。
最近は葬議会館などで行うことが多くなりクーラーが効いていますが、デオドラント対策は必要です。
あまり匂いのきつい香水は避け、コロンなど控えめにしたほうがよいでしょう。

冬の葬式では寒さ対策を万全に。
足元から冷えてきますから、下半身を冷やさないように、厚手のガードルに防寒タイプの下着を着けた方が良いでしょう。

靴やバックは光沢のある素材や爬虫類は避け、ヒールもあまり高くない靴を使用してください。
ハンカチも白のものを用意します。




お葬式、服装のマナー

男性の服装
正装はモーニングコート(昼間の正装)
略礼服に白のワイシャツ
黒の靴下、シンプルなデザインの黒の靴
ネクタイは黒の無地、ネクタイピンはつけない方がよいです
ハンカチは色物は避け、アクセサリーもつけない方がよいです

女性の服装正装
和装は黒無地染め抜き五つ紋
洋装は無地のオーソドックスな黒のスーツかワンピース
スカートは膝が隠れるロング丈
ストッキングは黒、靴もシンプルな踵のついた黒にします
指輪は結婚指輪以外は付けないようにします
ネックレスは真珠などの一連のものがよいです
バックは黒無地で金具などの無いもの、爬虫類など光るものは避けます

子供の服装
子供の場合制服があればそれが礼装になります
小さなお子さんは無地の白いシャツに、黒か紺などの地味なズボン、スカートにジャケットがよいようです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。