葬式のおはなしカテゴリの記事一覧

戒名の話(生前戒名)

戒名とはなんでしょうか
仏教では仏弟子にするときに授ける名前
となります。僧侶が出家して授かる名前が
戒名(仏名)です。
人が死んで仏門に入り仏弟子になると言う
ことですね。ですから生前戒名
授かることは、それだけ信仰心が厚いということです。
生前戒名の方が安く済むなんて話も聞きますが

一般的な戒名(宗派により違いがあります)
□□院(殿)〇〇〇〇信士(信女)
下の2文字が位号、その上の2文字が戒名になります
戒名の上2文字が道号で、さらに上に □□院(殿)
があれば院殿号となります。

位号
信士(男性)=信女(女性)、居士(男性)=大姉(女性)、
大居士(男性)=清大姉(女性)

本来、戒名料というものはありません。
お布施として包んで、お寺にお渡しします。
昔は○○信士(信女)が普通で、居士、大姉を
使うようになったのは戦後のことだそうです。
包むお布施により居士、大居士になるとか。
戒名もお金しだい、ということですかね
とくに□□院(殿)号は古来、天皇が使ったのが
始まりだそうです。
現在ではお寺さんに対する貢献度により、
授かることもできるようですが高額なお布施が
必要とのことです。


喪中、年賀欠礼状

喪中、年賀欠礼状
喪中・年賀欠礼状(喪中はがき)は、
1年以内に近親者に不幸があったときに、
年賀状の辞退を伝えることです。

先方が年賀状の準備をする前に、
喪中・年賀欠礼状を送ります。

忌明けまでの期間(仏式で49日)を忌中、
死後の一年間を喪中として喪に服します。

祝い事を慎み、正月行事も行いません。
おめでとうございますは言わないようにしましょう。
初詣にも行かないようにしましょう。

お年玉もあげません。
あげるのなら文具代という名目にしましょう。
注連縄、正月飾りもおこないません。

喪中の友達に寒中見舞い、暑中見舞い
を出すのはかまいません

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。