弔電カテゴリの記事一覧

弔電

 あて先
訃報の知らせを聞いても、遠隔地などですぐに弔問できないとき、都合で出席できない場合などには、とりあえず弔電を打ちましょう。

宛名は、葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが基本ですが、喪主がわからないとき、面識が無いときは、直接かかわりのある親族宛でかまいません。

企業、団体が主催する社葬の場合は、部署、葬儀責任者、主催者宛となりますので、確認する必要があります。

弔電は自宅に届けますが、通夜、告別式が斎場で行われるときは、斎場に届けます。

 差出人
受け取る側がどんな関係で誰からの電報なのか、故人とどんな関係だったかが判別できるようにすることが大事です。

住所、氏名、電話番号だけでなく、肩書き、社名、部署、グループ、団体、学校名など必要に応じて入れましょう。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。